北海道米LOVE×HO「看板めし」レシピ50 メシ、あがれ!

12月
白老たまごの里 マザーズたまご館
レベル2

最後に黄身も載せた、とろ~り親子丼。すくったレンゲの上の小宇宙を味わう。

作り手からの攻略ポイント

藤井 小百合さん
店では「マザーズエッグ」を使って作ります。家庭でも、ちょっと奮発していい玉子を使ってほしいですね。丼専用の鍋やフタは、100円ショップでも手に入ります。玉子の仕上がりが出来を左右するので、1人前ずつ手際よく作るのが大事。鶏肉は、同じ大きさに切ると火の通りが均一に仕上がります。
材料/1人前
鶏モモ肉 50g
鶏ムネ肉 30g
タマネギ 40g(3㎜ほどの薄切り)
シイタケ 3~4枚(3㎜ほどの薄切り)
玉子 L玉2個
玉子の黄身 S玉1個
ご飯 180g
三つ葉 2枚
【A】…丼つゆ
かつおと昆布のだし 50cc
小さじ2と1/2
醤油 大さじ1強
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
作り方
  1. 鍋に【A】のつゆを火にかけ、鶏肉、タマネギ、シイタケの順に具材を加える。フタをして強火にする。
  2. 肉に火が通って白くなり、タマネギがしんなりしてきたら、フタをとって軽く溶いた玉子を流し入れる(焦げない程度に、やや強火のまま)。
  3. 玉子がふわっと半熟に固まりかけたら、すぐにご飯の上に直接滑らせるように載せる。
  4. 飾りに三つ葉を載せ、最後に黄身をひとつトッピングする。

マザーズたまご館
  • 白老町社台289-8
  • 電話:0144-82-6786
  • 営業時間:ランチタイムは11:00~15:00、火曜はランチ休み
  • 定休日:火曜(10:00~15:00は玉子の販売のみ営業)※祝日の場合、通常営業